施工事例

2012/09/14奈良市でリフォーム:フローリング張替え/奈良市千代ヶ丘T様邸

今回は、廊下のフローリング張替え工事をお任せていただきました!

玄関上がり框付近、2階への階段手前付近が少したわみがあり、

「このままだと危ないから」とご相談を受けました。

 

また、お話をきいていると床がささくれていたり、コーティングがはがれて生木がでていたりとお掃除するのが大変とのこと。

 

そこでワックスがけを数年に一度でもぴかぴかが保つフローリングをご提案しました。

 

フローリングの施工にはいくつか方法がありますが、全てめくって、床組みを新しくし、その上から下地(コンパネ/厚さ12mm)を

引く、一番王道な張替え方法をご提案しました。

 

理由は、上から貼るとコストや施工時間は抑えることができますが、床鳴りの原因や虫がでる原因になること。

また、今回のお施主様宅では廊下から脱衣所へ外開き戸があり、敷居のチリ(扉と床の間)がほとんどなかったため

下地と床材合計24mmの厚さが確保できなかったことからためです。

 

結果、とても頑丈に音鳴りもせず完成し、お施主様にも喜んでいただけました。

 

この度も本当にありがとうございました!

また、掘りごたつ、玄関扉の交換等もお任せくださいますこと重ねて御礼申し上げます。

 

 

リフォームデータ=======

築年数:40年

ご家族:ご主人(70歳代)、奥様(70歳代)、息子様

(お話した感じ、立ち姿はほんとにお若く、ご年齢をお聞きしたときびっくりしました!)

リフォーム部位:1階廊下

平米数:約4㎡

施行前

IMG_0054

施行後

IMG_0086

フローリングの色を少し壁に近づけることで廊下が広くみえます。 またリフォーム框を採用したことでさらに上品な仕上がりになりました。

施工内容

1階 廊下 フローリング張替え工事

  • 1階 廊下 フローリング張替え工事
  • その他工事:浴室土間タイル補修

施工のポイント!

  • 床のたわみがあったため危ないから
  • 解決!⇒床を全部めくって、床組みから全て新しくし丈夫にしました。
  • 掃除やワックスがけが大変だから
  • 解決!⇒ワックスがけがほとんど必要のないフローリングを選定しました。

ページのTOPへ